Mastodon.tokyo運営資金の寄付を募ろうかと思っているのだけど、先立って念のために所属会社に確認したところ、どこかしらとの雇用関係があるわけではなさそうなので副業申請は不要とのこと。

弊社、ご存知の方はご存知の通り副業はOKである。とはいえ、会社から見てMastodonの運営は副業にあたるのかを確認したかったし、会社に迷惑をかけてはいけないという考えもあった。なので会社が求める手続きにはすべて応じるつもりだったし、この「副業」が本業にいい影響を与えるという確信もあったのでアピールの意味合いもあったが、拍子抜け。

そもそも会社にMastodonやFediverseの概念とか理念が伝わっているか不明で、そこまで踏まえた判断である感じはしない。なのであとから会社に何か言われたら、このときはこういう返事を受け取ったがいまそう言うならばそれはそれで従う、という態度をとるつもりではある。

もっとも、うちは「なんでもやってる」で知られている会社らしくそれこそ社員も「なんでもやってる」(笑)ので、炎上でもしない限り目につくことはないと思う。

続き。

うちの会社にはブロガーがいる(ここは驚くところではない)。ブロガー氏は寄付・Boothなどでの物販による運営費用等の捻出を行っている。そしてそのことを知っていたので、そういえばと思いそのブロガー氏に尋ねてみた。すると、副業申請しているという。

というわけで、尋ね方が悪かったのか回答方針がブレていたのか。
どちらかは定かではないが、もう一度確認したほうがいい、というところまで進んだ。

Follow

物販やるなら念のため副業申請お願い、と言われました。そこで決まるのかとはちょっと思った。

· · Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
Mastodon.tokyo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!